にお金を借りる時土地を担保にすれば借りやすい?

お金を借りるにあたって、2通りの仕方があります。
つまり、担保がある場合と、担保がない場合です。
この両者を比較してみると、担保がある場合のほうが、金利などの諸条件が優遇されていることがわかります。
担保がない場合は、その分の保険を利息のほうに回すという考え方です。
さて、ではどんなものが担保として用いられるのでしょうか。
よく担保とされるのは、土地や建物です。
やはり額面的な意味でもその保障能力は、個人レベルではかなり高いです。
持ち家や持っている土地であれば、一個人の持ちうる財産としては最高額になるでしょう。
さて、土地を担保にしてお金を借りるということは、つまり「お金を返せなかったら、その代わりにこの土地をどうぞ」という意味です。
ですから、担保としての力はかなり大きいのです。
しかし担保は担保であり、融資を受けた以上、まずはそれらを全て返済する必要があります。
もし、返済ができない場合、担保になっている土地が差し押さえられ、競売などに掛けられます。
これが売れればその額で融資額を補填します。
しかし、その分しっかり返済しなければ、結果的にその土地そのものも失ってしまい、借金のみが残ります。