インターネット遅い時の原因として考えられることは?

インターネットが遅いという場合、いくつかの原因が考えられます。
まずインターネットの接続環境です。
ADSL回線を利用していてNTT支局との距離が遠いために遅いという場合はADSL回線では解決出来ないので、光回線の利用を検討して下さい。
または光回線でも遅いという場合はプロバイダーの通信速度が遅い可能性があります。
通信速度の速いプロバイダーに乗り換える事で問題は解決するでしょう。
ではインターネットの接続環境以外でインターネットが遅いという場合、まずパソコンが古くて性能が悪い、能力に問題がある可能性もあります。
特に安いノートパソコンを購入した場合には通信速度が遅い可能性が高いです。
パソコンは次々と新しい性能のものが出てきますから、5年前のパソコンをまだ使っているという場合ではせっかくインターネットの接続環境がよくても、その通信速度をパソコンが生かしきれていない状態です。
それ以外にもソフトをたくさんインストールしているとメインメモリの容量が空きが少ないのでパソコンが重くスピードは遅くなってしまいます。
いらないデータは整理してみましょう。
インターネットの設定を変える事で多少速くなるケースもあります。
あとはパソコンの性能でもインターネットの環境にも問題がないのに遅い場合はもしかしたらやっかいなウィルスに感染している可能性があります。
一刻も速くウィルスバスターなどでパソコンに異常がないかチェックして下さい。
インターネットが遅いのには何かしら原因があります。
原因があれば解決してインターネットを速く出来るはずです。
インターネット契約おすすめは?申し込みをお得に!【キャッシュバック】